予防と検診

大人の虫歯予防

検診と予防子どもの虫歯は、痛みを伴うのですぐに気づいて治療をすることができますが、大人の虫歯は痛みを感じにくくなっています。
そのため、虫歯に気が付くのが遅れ、最悪歯を失うことにつながります。
歯が抜けると、その歯を支えていた骨は溶けていってしまい、その影響で周囲の歯までもがぐらつくようになり、虫歯や歯周病になりやすくなり、さらに次々と抜けていってしまう悪循環になるのです。

痛くないからついつい歯医者に行くこともないまま、進行していってしまう大人の虫歯。
定期的な検診と予防が歯とあごの骨を健康に保つことにつながります。