ミニ大学病院

ダイアグノデント(虫歯検知測定器)

虫歯診断(ダイアグノデント)
ダイアグノデントダイアグノデント(略してD.D.)は歯科医師が今まで経験と勘に頼っていた虫歯の程度をはじめて数値で表すことができるようにした、高い精度と確率の診断を可能にした高性能レーザーを使用している機械です(2000年5月)。
当院でもD.D.を使用することにより虫歯の進行の経過観察が容易に行えるようになり、お口の健康管理に役立てることができるようになりました。

また、まったく虫歯でないように見える歯でも D.D.で測定すると差がはっきりしてきます。

D.D.により削るか経過観察するかの判断がつけやすくなったのと同時に、数値で表すので、患者様御自身で虫歯の進行の度合いが比較できるので、納得と安心を基本に治療を受けていただくことができます。
今後予防歯科の分野で役立てていきたいと思っています。
患者様ひとりひとりの歯を大切に育む診療です。