ミニ大学病院

プレップスタート(エアーアブレージョン装置)

東海3県で当院が最初に導入しました。
当院ではプレップスタート(エアーアブレージョン装置)を使用し無痛治療を実施しております。
エアーアブレージョンシステムとは、快適な治療方法を目指し「画期的な切削方法」として開発されました。
これは、酸化アルミナの粉末を噴射して歯を削る機械です。

  • プレップスタート麻酔なしでできます
    小さな虫歯なら麻酔なしで簡単に処置ができます。
  • 音が嫌いなお子さんでもできます
    ドリルを使用しないので、不快な振動やキーンという音はありません。
  • 神経に刺激が少ない
    治療後歯がしみるなどの付随症状が出にくいです。
  • 歯を削る量が必要最小限で済みます

愛知県内では十数台しかありませんが、今後導入する歯科医院も増えてくると思われます。
大きな虫歯の場合は従来の方法ですることになりますので、早めの処置が必要になります。