ミニ大学病院

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡微生物などの生物の細かな構造は、ほとんど無色なので普通の顕微鏡では観察できませんが、位相差顕微鏡は光の位相を変えることにより、染色などを必要とせず生きたままの細菌に明暗をつけてハッキリと見ることができます。
ご存じのように、歯周病は細菌感染症です。
この細菌は口腔常在菌なのでゼロには出来ませんが、絶対的な細菌数を減らすことが大事になります。

『口の中には細菌がいっぱい!』頭では分かっていても、実際に目にするとかなりの衝撃です!

インフォームド・コンセントの意味合いから患者さんに自分の口の中の状態を知ってもらおうと、位相差顕微鏡による検診を初めました。
歯周病菌がウゴメク画面を見れば、治療の大切さが実感されます。
当院では希望される患者様に、この顕微鏡での動画をパソコンに取り込み、管理しております。
治療前、治療後の細菌の状態を比較することが出来ます。

詳しくは当院までお気軽にお尋ねください。