ミニ大学病院

新型レーザー ウォーターレーズ(Er,Cr,YSGGレーザー)

ウォーターレーズまったく新しいタイプのレーザーで水にレーザーを当てることによりハイドロキネティックエネルギーを発生させ歯を削ることができる画期的なレーザーです。
今アメリカで最も注目されているレーザーです。
名古屋では当院が初めて導入しました。

Waterlase(Er,Cr;YSGGレ-ザ-)

WaterlaseMD(Er,Cr;YSGGレ-ザ-)

エルビウム、クロニウム、イットリウム、スカンジウム、ガリリウム、ガ-ネットのレ-ザ-と水、エア-利用のハイドロキネティックレ-ザ-

ほとんどの場合、麻酔なしで皆様に不評の音と振動のあるドリルを使用せずに虫歯の治療ができます。

 

詳しい説明はここをクリックしてください。
http://www.waterlasejapan.jp/index.html

この機械は最近、根管治療に対するレーザー治療でFDA(米国食品医薬局)の承認を受けました。
この承認により、同レーザー機器を用いた硬組織(エナメル質、象牙質及び根管の拡大形成)と軟組織(歯肉、病変部、根管内組織)双方への応用が可能となりました。
即ち、エナメル質を含めた歯質の削除、軟化歯質除去、歯髄腔穿通、断髄及び抜髄、根管の拡大形成及び清掃までがすべてこの機器で可能となった画期的な機械です。

なお歯科医師の方でご興味のある方は当院まで遠慮なくお問い合わせ下さい。

電話番号 052-303-4180