予防と検診

マタニティ検診・マイナス1歳児検診

妊娠中からお口の中をきれいにすることは、母親だけでなく、お腹の赤ちゃんにも重要です。
妊娠すると母親の体には大きな変化が起こり、歯肉炎や虫歯になりやすくなります。
歯周病がひどくなると早産や低体重児出産のリスクも高くなるので、生まれてくるお子さんのためにも、妊娠中の歯科検診が大切です。
マタニティー検診

ファミリー検診

お母さんや家族の口の中にミュータンス菌が多いとそれだけお子さんに感染する可能性が高くなります。

生後6ヶ月~2歳半の間にミュータンス菌に感染しなければ、以後ミュータンス菌がお口の中に入ってきても定着することはありません。
これは、永久歯に生えかわった後も同様です。

お子さんがむし歯のない快適な人生を送るため、家族みんなでの定期健診をおすすめします。

ファミリー検診

大人の虫歯予防

検診と予防子どもの虫歯は、痛みを伴うのですぐに気づいて治療をすることができますが、大人の虫歯は痛みを感じにくくなっています。
そのため、虫歯に気が付くのが遅れ、最悪歯を失うことにつながります。
歯が抜けると、その歯を支えていた骨は溶けていってしまい、その影響で周囲の歯までもがぐらつくようになり、虫歯や歯周病になりやすくなり、さらに次々と抜けていってしまう悪循環になるのです。

痛くないからついつい歯医者に行くこともないまま、進行していってしまう大人の虫歯。
定期的な検診と予防が歯とあごの骨を健康に保つことにつながります。

定期健診

「歯医者は虫歯になってから」と思っていませんか?
当院では、担当の衛生士が患者さん一人ひとりに合ったメニューでメインテナンスを行います。
担当衛生士と二人三脚で虫歯・歯周病に負けない健康なお口の中を目指しましょう。

〈子供〉
3か月に1度の定期健診とフッ素塗布をおすすめしています。
フッ素には大きく3つの働きがあり、定期的にフッ素塗布をすることで虫歯予防効果を発揮します。
フォーム状のフッ素の他、フッ素イオン導入(5倍の浸透力)、レーザーフッ素も行っています。

〈成人〉
3~6か月ごとにお口の健康チェックとクリーニングをおすすめしております。
セルフケアだけでは落としきれない汚れを、クリーニングで除去することで「虫歯」や「歯周病」予防になります。
「きれいな息」と「笑顔のため」にもぜひ定期健診へお越しください。