ミニ大学病院

ミニ大学病院

最先端の衛生管理と治療機器の導入、非常勤で口腔外科医、矯正歯科専門医を揃え、幅広い診療を行うことができます。

また、患者さんの状態によっては、提携の大学病院へ紹介もさせて頂きます。

セカンドオピニオン(主治医以外の医師に求める第2の意見)にも対応しています。ミニ大学病院

連携病院
愛知学院大学歯学部付属病院
名古屋第一赤十字病院
名古屋掖済会病院

矯正
ルーセント歯科(中村区)
あいち松葉公園矯正歯科クリニック(中川区)
渡辺矯正歯科(中村区)
酒井矯正歯科(中村区)
浅見矯正歯科(中区)
宮島歯科(熱田区)

インプラント
ひばりが丘歯科(瑞穂区)
コンドウ歯科(瑞穂区)
吉岡歯科(中川区)
松下歯科(大府市)

その他 総合的に判断し専門医を適切にご紹介させていただきます。

最新の衛生管理

当院では患者さんに安心して治療を受けていただけるよう徹底した衛生管理に自信を持っています。
お口の中に入るものはすべて「消毒・滅菌」をし、患者さんごとに取り換えています。
また、使い捨てにできるもの(グローブ・エプロン・紙コップ・トレー・注射針・麻酔薬のカードリッジなど)は、すべて「使い捨て」にし、患者さんごとに新しいものと取り換えています。

ミニ大学病院

また、医院内の空気も徹底管理しています。

5台の空気清浄器・加湿器をフル可動させ、診療室内の浮遊菌防止の為に、口の周りに飛び散る切削粉や血液等の浮遊物質除去装置(口腔外バキューム)を採用するなど、患者間の感染防止に最善の努力をしております。

設備一覧

  • 設備一覧歯科用CT
  • セレック3D
    1時間でセラミック治療が完了する次世代治療。
  • 光歯周治療システム(ぺリオウエイブ)
    光で歯周病菌を改善。(歯周病最新治療法)
  • ウォーターレーズ(Er,Cr,YSGGレーザー)
    名古屋市で初めての導入
    水とレーザーで無痛・無麻酔で歯を削ることができます。
  • ガス滅菌機
    大学病院並みの滅菌システム導入。
  • ハードレーザー(Nd-YAG) 2台
    SLTジャパン製パワーパルス(東海3県で5台目の導入)
    アメリカンデンタル社製。
    歯周病の殺菌・虫歯予防等痛みなく治療できる最新のレーザーです。
    ホワイトニング、口臭除去、口内炎治療等。
  • 位相差顕微鏡
  • プレップスタート
    (エアーアブレージョン装置) 無痛切削器具
    東海3県で最初の導入。
    ドリルを使わず 麻酔せずに虫歯治療できます。
    無痛虫歯治療。
  • デジタルレントゲンシステム
    通常のレントゲン写真に比べおよそ1/4~1/10のX線照射で撮影可能な被爆量が少ない患者様にやさしいレントゲンです。
  • ダイアグノデント(虫歯検知測定器)
    目に見えない虫歯も検知します。
  • クリスタルアイ
    コンピュータ歯科用色彩計で歯の色を客観的に測定できます。
  • パルスオキシメータ
    患者様の処置中の動脈血酸素飽和度をリアルタイムでモニターします。
  • 口腔外バキューム5台(切削粉塵吸収装置)
    削る時出る粉塵まで吸い取ります。
    (クリーンな空気の診療室。)
  • プラズマ光重合機(アメリカンデンタル社製)
    白い詰め物を早く固めます。
    (診療時間の短縮。)
  • その他
    ジェットポリッシャー(歯面清掃機)2台
    >>歯をピカピカに
    高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)2台
    >>院内感染対策も万全に
    空気清浄機2台
    >>よりクリーンな空気の診療室
    エアースケーラー(ドイツ カボ社)3台
    >>振動が少なく快適に歯石除去できます
    超音波スケーラー5台
    スケーラー・キュレット(米ヒューフレディ社製)
    カルテコンピューター3台
    >>より確実なカルテ管理

歯科用CTスキャン

2013.07.13 導入しました。

歯科用CTスキャン

  • 治療の安全性の確保
    正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。
  • 見えなかったものが見える
    一般のレントゲンで見えなかった部分(歯の内部や骨の中など)が容易に確認できるようになりました。
  • わからなかったことがわかる
    顎(あごの骨)や歯だけでなく、神経の状態、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣(歯根の膿)などを立体画像で確認できます。
  • 患者さまの負担軽減
    CTの導入により、事前に状態を確認できるため、患者様の負担が少なくなりました。
  • 時間の短縮
    CT導入以前は他院まで撮影に行っていただいておりましたが、こちらで数分で撮影できるようになりました。
  • わかりやすい治療説明
    治療する部位や病気の進行を立体的な3D画像でお見せできますので、どこを、どのように治療するのか、患者さんご自身にも病状を把握できますので、安心して治療にのぞんでいただくことができます。
  • 人体への安全性
    当院導入の歯科用CTは、一般の医科用CTと比べ被曝量が非常に少なく必要な部位のみへの撮影も可能なため放射線による健康被害のリスクを抑えられます。

SEREC3D

当医院ではドイツ・SIRON社のCEREC3Dを導入しております。

日帰りでセラミックのインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)の処置が終了してしまう世界で唯一のシステムです!!
セレック3とは、コンピューターの(CAD/CAM)・3Dを使った最先端の技術でセラミック(陶材)の白い歯を作る機械です。
自然な白さ、天然のエナメル質と同等の優れた耐久性を保証します。

 

SEREC3Dセレック治療の5つのポイント

  • 金属を使用していないオールセラミックなので見た目がとても自然です。
  • 歯型をとりません。
  • 一回の通院で治療が完了。
  • 3次元スキャンで精密なインレー(詰め物)の作成が可能。
  • セレック3(CEREC3)はクラウンの作成も可能です。

 

SEREC3Dセレック治療の流れ

  1. 虫歯の部分または金属の詰め物の入っている部分を削ります。
  2. 歯の形を専用のカメラで撮影しコンピュータに3次元データとして取り込みます。
  3. 3次元データを元に、セレック3でセラミックの削り出しを行います。
  4. できあがったセラミックをセットし、治療は完了です。

治療時間は、40~60分ほどです。

セレックの価格(税込み)
セラミックインレー ・・・ 40,000円
セラミッククラウン ・・・ 60,000円

光歯周治療システム(ぺリオウエイブ)

光で歯周病菌を改善(歯周病最新治療法)

当院では 最新の歯周病治療光化学殺菌システムぺリオウェイブを中部地方で初導入しました。
まだ全国でも10軒ほどの最新バイオテクノロジー治療です。
わずか2ステップで歯周ポケット内の病原菌の細胞を破壊し健康な歯周組織を回復します。

 光歯周治療システム  光歯周治療システム
薬剤注入 術前  レーザー照射 術後
 光歯周治療システム  光歯周治療システム

最先端の歯周病治療光化学殺菌システムぺリオウェイブは保険適応外です。
詳しくはお問い合わせください。

術前のレントゲン等別途費用がかかります。

新型レーザー ウォーターレーズ(Er,Cr,YSGGレーザー)

ウォーターレーズまったく新しいタイプのレーザーで水にレーザーを当てることによりハイドロキネティックエネルギーを発生させ歯を削ることができる画期的なレーザーです。
今アメリカで最も注目されているレーザーです。
名古屋では当院が初めて導入しました。

Waterlase(Er,Cr;YSGGレ-ザ-)

WaterlaseMD(Er,Cr;YSGGレ-ザ-)

エルビウム、クロニウム、イットリウム、スカンジウム、ガリリウム、ガ-ネットのレ-ザ-と水、エア-利用のハイドロキネティックレ-ザ-

ほとんどの場合、麻酔なしで皆様に不評の音と振動のあるドリルを使用せずに虫歯の治療ができます。

 

詳しい説明はここをクリックしてください。
http://www.waterlasejapan.jp/index.html

この機械は最近、根管治療に対するレーザー治療でFDA(米国食品医薬局)の承認を受けました。
この承認により、同レーザー機器を用いた硬組織(エナメル質、象牙質及び根管の拡大形成)と軟組織(歯肉、病変部、根管内組織)双方への応用が可能となりました。
即ち、エナメル質を含めた歯質の削除、軟化歯質除去、歯髄腔穿通、断髄及び抜髄、根管の拡大形成及び清掃までがすべてこの機器で可能となった画期的な機械です。

なお歯科医師の方でご興味のある方は当院まで遠慮なくお問い合わせ下さい。

電話番号 052-303-4180

ガス滅菌機

ホルマリンガス滅菌器(ホルホープ)
常温・常圧で器具や器材などを滅菌処理ができるホルマリンガスによる滅菌器です。
矯正器具・ゴム製品・シリコン製品・ガラス製品・バキュームシリンジなど、高温では滅菌できない物の殺菌が可能です。
また、現時点で存在するあらゆるウィルス(HIV・HBV等)の殺菌においても抜群の効力を発揮します。

ガス滅菌機

現在の最高レベルの滅菌設備であるホルマリンガス滅菌器(ホルホープ)
当院の衛生管理レベルは大学病院レベルです。

ハードレーザー(Nd-YAG)

  • ハードレーザーSLTジャパン製パワーパルスレーザー
    東海3県で5台目の導入。今までのものより4.5倍のパワーがあります。
    (従来のレーザーに比べるとより効果が高い。特に歯周病治療には効果大。)
  • ハードレーザー(Nd-YAG)
    アメリカンデンタル社製

上記2台を使用し、予防歯科から歯周病まで幅広く使用しています。
レーザーは高出力の熱波を10000分の3秒出すパルスレーザーを使用しており、瞬間に高い熱を出す事ができるため、痛みを感じずに歯肉の殺菌ができ、また消炎作用があるので急性症状の緩和によく使われます。

  • 歯質強化(未処置の歯に比べて、耐酸性は14倍になり,フッ素の浸透厚さは通常の5倍になります。)
  • 歯周組織の殺菌(10000分の3秒で1,000度以上の熱で殺菌、痛み等はほとんどない。)
  • 知覚過敏緩和
  • 急性症状の緩和
  • 無痛切開・切除
  • 歯肉着色除去(メラニン沈着)
  • 口臭除去
  • ホワイトニング
  • 根管内殺菌 等

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡微生物などの生物の細かな構造は、ほとんど無色なので普通の顕微鏡では観察できませんが、位相差顕微鏡は光の位相を変えることにより、染色などを必要とせず生きたままの細菌に明暗をつけてハッキリと見ることができます。
ご存じのように、歯周病は細菌感染症です。
この細菌は口腔常在菌なのでゼロには出来ませんが、絶対的な細菌数を減らすことが大事になります。

『口の中には細菌がいっぱい!』頭では分かっていても、実際に目にするとかなりの衝撃です!

インフォームド・コンセントの意味合いから患者さんに自分の口の中の状態を知ってもらおうと、位相差顕微鏡による検診を初めました。
歯周病菌がウゴメク画面を見れば、治療の大切さが実感されます。
当院では希望される患者様に、この顕微鏡での動画をパソコンに取り込み、管理しております。
治療前、治療後の細菌の状態を比較することが出来ます。

詳しくは当院までお気軽にお尋ねください。

プレップスタート(エアーアブレージョン装置)

東海3県で当院が最初に導入しました。
当院ではプレップスタート(エアーアブレージョン装置)を使用し無痛治療を実施しております。
エアーアブレージョンシステムとは、快適な治療方法を目指し「画期的な切削方法」として開発されました。
これは、酸化アルミナの粉末を噴射して歯を削る機械です。

  • プレップスタート麻酔なしでできます
    小さな虫歯なら麻酔なしで簡単に処置ができます。
  • 音が嫌いなお子さんでもできます
    ドリルを使用しないので、不快な振動やキーンという音はありません。
  • 神経に刺激が少ない
    治療後歯がしみるなどの付随症状が出にくいです。
  • 歯を削る量が必要最小限で済みます

愛知県内では十数台しかありませんが、今後導入する歯科医院も増えてくると思われます。
大きな虫歯の場合は従来の方法ですることになりますので、早めの処置が必要になります。

デジタルレントゲンシステム

当院では平成14年11月よりデジタルレントゲンシステムを採用し最新鋭の機器にしました。
これは一般のレントゲンに比べて 患者様のためにやさしいシステムになっています。

デジタルレントゲンとは今までのような現像して写真にするレントゲン写真の撮影情報を信号に変え直接コンピュータに取り込み、モニターに映像として映し出すものです。
デジタルレントゲン撮影はもちろん健康保険適応です。
このページではデジタルレントゲンの有用性について説明いたします。

被爆量が少ない
デジタルレントゲンは感度が非常に良いため、通常のレントゲン写真に比べおよそ1/4~1/10のX線照射で撮影が可能です。
もともと歯科のレントゲン撮影ではでは微量のX線しか使いませんが、更に少ないX線量ですので妊娠されている女性や、お子さま、老齢の方まで安心して撮影することができます。

デジタルレントゲンシステム

わかりやすい
当院ではデジタルレントゲンを表示するためのモニターを各ユニット毎に設置しています。
レントゲン室で撮影したデジタルレントゲン写真は院内のネットワークを通じ患者さんのお座りになった席についているモニターで直接ご覧にことができます。
レントゲンの画像はコンピュータでモニター上に映し出されるデジタルデータですので、もっと詳しく見たい場所を拡大表示したりすることが可能です。
この機能をフルに使い、患者さんに納得のいくまでわかりやすい説明をいたします。
また 口腔内写真も記憶し 今までのお口の状態を保管しておくことができ 経年変化を見ることもできます。

お待たせしません
通常のレントゲン写真に比べ、現像する手順がありません。
撮影した映像はお席ですぐご覧いただけます。

ダイアグノデント(虫歯検知測定器)

虫歯診断(ダイアグノデント)
ダイアグノデントダイアグノデント(略してD.D.)は歯科医師が今まで経験と勘に頼っていた虫歯の程度をはじめて数値で表すことができるようにした、高い精度と確率の診断を可能にした高性能レーザーを使用している機械です(2000年5月)。
当院でもD.D.を使用することにより虫歯の進行の経過観察が容易に行えるようになり、お口の健康管理に役立てることができるようになりました。

また、まったく虫歯でないように見える歯でも D.D.で測定すると差がはっきりしてきます。

D.D.により削るか経過観察するかの判断がつけやすくなったのと同時に、数値で表すので、患者様御自身で虫歯の進行の度合いが比較できるので、納得と安心を基本に治療を受けていただくことができます。
今後予防歯科の分野で役立てていきたいと思っています。
患者様ひとりひとりの歯を大切に育む診療です。

歯科用測色装置 クリスタルアイ

クリスタルアイ

歯科用測色装置(クリスタルアイオリンパス社)を導入しました!

歯の色は、周囲の明るさや見る角度によって違います。

そのうえ、同じ歯でも場所によって色の明るさや濃さ透明感が違うという特徴があります。
クリスタルアイで歯を撮影し、色や質感をより正確に把握し詳細に分析します。
このデータは歯を製作する歯科技工士と共有しますので、このデータを元に歯科技工士はより自然な被せ物を製作することができます。

クリスタルアイクリスタルアイホワイトニングでは、前後に歯の色を測定しますので、どのくらい歯が白くなったかホワイトニングの効果を客観的に知ることができます。
また、ホワイトニング後に生じる後戻りについても定期的に測定してチェックしていただけます。

パルスオキシメータ

パルスオキシメータ当院では平成16年3月より麻酔処置時等にパルスオキシメータを導入しました。
これにより、患者様の処置中の動脈血酸素飽和度をリアルタイムでモニターしながら処置をすることが可能になりました。
また、脈拍もリアルタイムでモニターできますので、緊張の度合いなども判断しやすくなり、全身管理を受けながら安全に診療を受けていただけます。

SpO2(パルスオキシメータで測定した動脈血は酸素飽和度)、「脈拍による動脈血の脈動を光学的に捉えやすい指先等で、赤色光と赤外光に対する透過光量の変動を個別に観測し、各々の変動率の比を求めた結果によって、SpO2を精度よく測定できる」という、多くの検証実験の積み重ねにより確立された測定原理によって求めることが可能です。
この測定原理は、血液中のヘモグロビンの酸化・還元によって酸素が運搬されており、「酸化されると赤色光の吸収が減って赤外光の吸収が増える」「還元されると赤色光の吸収が増えて赤外光の吸収が減る」というヘモグロビンの光学的特性変化を利用したものです。