無痛治療

無痛治療

当院では、患者さんに安心して通って頂けるように、身心ともに負担の少ない「無痛治療」に力をいれています。

インフォームドコンセント

「歯医者=怖い」というイメージや、どんな治療か分からないと不安になり、実際には痛くないのに痛い気がすることがあります。
当院では、患者さん一人ひとりの気持ちを考え、お口の中の状態や治療方法の種類などをしっかり説明します。
不安なことはぜひ質問してください。ご理解していただいた上で、治療を始めていきます。

最新機器(レーザー・エアーアブレイジョンなど)の使用により快適な診療を目指しています。

テクニック

痛くない麻酔のためには、歯科医師のテクニックが重要です。
当院では痛くない麻酔のために研究を重ね、独自の麻酔の方法を行っております。

表面麻酔 表面麻酔

針を刺す歯ぐきの表面に、ゼリー状の表面麻酔を塗ることで、針が刺さる感覚をなくします。
塗るタイプの麻酔なので、痛みもなく身体にも安全です。

細い針 細い針

針の刺さる感覚を抑える為に、最も細い33Gの針を使用しています。
人の痛覚を1センチ平方メートル当たり、100~300個あるとされています。
できるだけこの痛覚を避けて注射できれば、痛みを無くすことができます。

カートリッジウォーマー カートリッジウォーマー

麻酔薬を体温と同じくらいの温度にすることで、体内に麻酔液が入る感覚を抑えることができ、体細胞への損傷を少なくします。
細い針との併用で、さらに痛みを軽減します。

電動注射器 電動注射器

麻酔液を一定の速度・圧力で注入できるので、薬液の入る感覚を抑えられます。
手動の注射器では必要以上に力が入り、麻酔液の圧力が苦痛になりますが、こちらの注射器を使用すればそのようなことはありません。